ゴルフ上達したいならこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
100切るためのゴルフ上達法。
たった18分の9ステップゴルフレッスンで
あなたのスコアがぐんぐん縮みます。


2006年09月30日

ファミリーといわれる日本の家族形態の変化の特徴

ファミリー日本の家族形態の変化の特徴


単身世帯・核家族の増加、家族の構成員の減少



戦前から終戦までの歴史と変容

戦前の日本の家族は、家制度に基盤をおき、地域社会はもとより、国家とつながる「イエ」を形作っていた。

「家制度」は「家」と「家父長制」の二つを大きな要素としていた。

「イエ」という親族集団の一体的結合と継続的発展を重視し、家族の人々を「イエ」に従属する存在とみなした。

家父長権の相続(家督相続)、本家・分家などの階層性、それらを対外部的にひとまとまり(ウチ)としてとらえる心性・制度であった。



終戦から1950年代まで

太平洋戦争の終戦を機に、民法の改正により家制度は廃止された。

経済復興と給与労働者の増加により、家庭は家内労働の場という側面が薄まり、家庭の教育的役割が強調されていく。




現代の家族

1950年代以降の家族変動の最も顕著なものは単身世帯の増大である。

つまり、現代の家族には、同居親族数が減少し核家族化が進んだこと、共同体の力の減退に伴って家族の基盤に変容が生じたこと、の二つの特徴があげられる。

合わせて、夫婦の共働きも一般化しつつある。

それによって、育児や子育てが保育園や学童クラブ、地域の野球やサッカー、スイミングスクールなどのスポーツクラブ、学習塾などに一時的に委託されることも増えてきた。家族の機能の分散化ともいう。

また、共働きに伴う性別役割分業の問題、老親の扶養の問題も表面化してきた。



家族に関するメディア・リテラシー

家族が機能不全状態にあるという意識の広まりと共に、家庭でのドメスティックバイオレンス、児童虐待など事件が新聞の社会面を賑わすことが日常化してきた。

これらの問題はどの時代にもあり、件数的には現代ではむしろ減少しているが、報道は増加している。

近年は家庭内の暴力を人権問題として社会問題ととらえる傾向がある。増加する高齢者人口と在宅での高齢者看護などと共に、家族をめぐる社会問題が報道されている。

明治期の離婚は現代の1.5倍であったが、離婚件数が昔より増加したかのような言論も見られる。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ゴルフ上達したいならこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
100切るためのゴルフ上達法。
たった18分の9ステップゴルフレッスンで
あなたのスコアがぐんぐん縮みます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。